1. HOME
  2. ブログ
  3. 【SENPAI相談室11】勉強法や課外活動との両立など、国際バカロレアDPを乗り切るためのコツは?

【SENPAI相談室11】勉強法や課外活動との両立など、国際バカロレアDPを乗り切るためのコツは?

中高生レポーターに応募
TOEFLレベルチェック

Q.11 DPを乗り切るためのコツを教えて!

私は海外大学で教育と経済を学びたいと考えており、国際バカロレアのDP履修を開始したところですが、DPの勉強方法、課外活動と勉強の両立、モチベーションの維持方法について不安を感じています。
高校から英語で国際バカロレアの学習をスタートした場合、DPを乗り切るための心構えやコツがあれば教えてください
(東京・高校2年生)

A.11 わからないことは「質問する」で解消

私も高校2年生から初めて英語で国際バカロレアをスタートし、当初は授業についていけないことも多々あって、悩みました。

私が大事にしていたのは、「わからないところは先生、先輩、同級生に聞くこと」です。DPは科目にもよりますが、積み重ねていく科目が多いので(とくに数学や理系科目は)つまづいてしまうと後々大変になります。

しかし、それと同時に英語がわからないところはわからないと割り切って、悩みすぎないことも大切です。英語力はだんだんとついてくるので、理解が難しいと思ったところは日本語で検索したり動画を見て勉強することをおすすめします。

最後に、勉強だけでなく、課外活動(スポーツ、ボランティア、音楽などなど)をすることも息抜きになると同時に、海外大学進学時に役立つので、適度に行うといいと思いますよ!

(EU圏・大学2年生)


※「SENPAIプログラム」は、国内外のトップ大学生とオンライン×マンツーマン形式で、英語力と思考力を養うリベラルアーツ型中高生向け講座です。このSENPAI相談室は、そのSENPAIたちからのアドバイスを掲載しています

\ 中高生のお悩みを募集中! /

SENPAIに相談する

関連記事