1. HOME
  2. イベント
  3. 奨学金
  4. 【締切】JASSO「2023年度海外留学支援制度(学部学位取得型)」

【締切】JASSO「2023年度海外留学支援制度(学部学位取得型)」

世界の大学で学ぶための奨学金制度

「日本学生支援機構」(横浜市)は、海外大学に進学する人を対象とする「2023年度海外留学支援制度(学部学位取得型)」奨学生を、2022年10月9日まで募集しています。

「2023年度海外留学支援制度(学部学位取得型)」では、2023年4月~2024年3月の間に、学士の学位を取得するために留学する日本人学生が、学修に必要な経費の支援を4年間に渡り受けることができます。

奨学金は、月額5万9000円〜11万8000円まで、国や地域によって異なります。

応募要件は、応募時に日本に居住する日本国籍を有する人で、高校などを卒業もしくは修了後3年以内であること。

留学先の使用言語が英語の場合は、応募締切時から過去2年以内のTOEFL iBTスコアが80点以上、またはIELTSのバンドスコアが6.0以上を満たさなければなりません。英語以外であれば、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)B2レベル以上である必要があります。これらは留学先が指定する語学能力に関わらず、この制度に応募するうえで必須となる外国語スキルの水準です。

また、応募時までに在籍した高校の全履修科目の評定平均値が、3.7(5段階中)以上であることも求められます。

支援期間は原則4年ですが、留学先が「大学入学準備コース」の修了を入学前に義務づけている場合は、支援対象期間に当該コースも含まれます(ただし、支援開始の時点で学士課程への入学許可が出ていることが条件)。

2021年度・2022年度にこの制度に採用された奨学生は、それぞれ45名となります。

応募者は、JASSOの申込専用サイトからシステムにログインし、必要書類等を提出。応募システムに直接アップロードする書類では、留学を志す理由・留学計画・学位取得後の進路計画、「日本社会への貢献」についてのエッセイ(日本語)、留学をテーマとした自己PRなどの提出が求められます。

在籍している高校や、卒業した高校に準備してもらう書類もあります。応募を考えている人は、早めに募集要項をチェックし、必要な書類を確認を。

選考スケジュールは、書面審査(1次審査)の結果は2023年1月上旬をめどに通知。2次審査は2023年1月21日(土)または22日(日)に面接を実施。採用結果は3月上旬に通知予定です。

詳細は、下記の「海外留学支援制度」ページから確認を(公式サイトへのリンクあり)。


【2023年度海外留学支援制度(学部学位取得型)】

    • 主催:独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)
    • 派遣先:学士号が取得できる諸外国(地域)の大学(芸術の実技分野を除く)
    • 対象:支援機関開始までに高校などを卒業・修了する人、応募締切日までに高校などを卒業後3年以内の人
    • 支給金額:年額最大250万円(エリアにより異なる 授業料/1万米ドル相当の実費額
    • 支給期間: 原則4年間
    • 出願期間:2022年9月5日(月)~10月12日(水)13時(発送物は10月12日必着)  ※応募事前登録は10月6日(木)13時まで

EVENTS

募集中のプログラム | 奨学金