1. HOME
  2. 教育団体
  3. 日本で働く外国人に国際交流・日本語教室を提供「Adovo」

EDUCATORS

教育団体

日本で働く外国人に国際交流・日本語教室を提供「Adovo」

「特定非営利活動法人Adovo」は、2020年12月に、日本で働く外国人のサポートや啓発活動を行うために高校生が立ち上げた団体。現在メンバーは高校生もしくは大学生で、「ともに生き、ともに学びあう、『ともいき社会』を創る」を理念に活動を行っています。

2021年6月には特定非営利活動の法人格を取得しましたが、学生ならではの柔軟性で同年12月には事業の大幅な変更を行うなど、流動的に活動しています。

おもな活動は、国際交流・日本語教室・啓発活動

Adovoの主要な活動は、「国際交流」「日本語教室」「啓発活動」の3つを軸としています。

国際交流は、技能実習生など外国人労働者と日本の若者との交流の場を作り、お互いの文化を知ることを目的に、これまではオンラインで月1回のペースで行っていましたが、今後はオフラインで運動会など行う企画も予定しています。

オンライン国際交流会は、月に一度、だいたい第1日曜日の夕方(日本時間)に行っています。月1回の交流会なので、開催後はすぐに翌月の交流会の企画を立て、広報をはじめます。

オフラインの交流会は、半年間程度でじっくり企画を立てて実施していますが、オフライン・オンラインどちらも長めの準備期間を設けて企画をしているため、終えた後の達成感は格別です。

日本語教室は、マンツーマンで行うオンライン型と複数人の先生で複数人を教える出張型があります。

出張型は、現在神戸と東京で行っています。eラーニングシステムなども活用し、生徒さんの日本語能力試験などの資格取得も目指した本格的な教室を実施しています。

啓発活動では、若者向けの勉強会を開催したり、現在は全国規模の小論文コンテストを企画したりしています。

活動に参加するメンバーを募集!

Adovoの活動に参加を希望する場合は、代表(もしくは代表代理)と事務局の担当者とWebで15分程度の面談を行います。ここでAdovoのことをお話ししたり、Adovoでしたいことなどをお聞きし、適切な部署を提案します。ここで参加を断ることは絶対にないので、気軽にご連絡ください!

国際部では、おもに国際交流を担当しています。週に1回ミーティングがあり、ここで企画を立てていきます。

日本語教室事務局は、先生として参加する場合、2週間程度の「研修期間」を設けています。実際の教室アシスタントなどを通し、心得を学んだあと、実際に日本語教室をはじめてもらいます。

参加についてのご質問・お申込みなどはmember@adovo.or.jpまで連絡してください。事務局人事班が対応いたします。団体についてのお問い合わせは、info@adovo.or.jpまで連絡をください。

Adovo
運営:特定非営利活動法人Adovo
代表:的場 舞
住所:東京都港区南青山2-2-15 WIN531
創立年:2020年12月
メンバー数:22名(内高校生20名、その内女子16名)
活動拠点:神戸/9名、東京/9名、静岡/1名、海外/3名
活動内容:日本語教育、国際交流(学術・文化・芸術・スポーツ)、啓発活動(子どもの健全育成、職能開発・雇用拡充、NPO支援)
Adovoメンバー募集
応募期間随時
対象高校生もしくは大学生(詳細はこちらからチェック
選考プロセスWeb面談
参加無料

「特定非営利活動法人Adovo」公式サイト

EDUCATORS

教育機関